Kさん 男性  会社員

平成29年4月27日  パーキンソン病の初症

薬とリハビリを継続するが変化なし??

パーキンソン病の緊張感がぬけました。

パーキンソン病の緊張感がぬけました。

この様な症状で、お悩みでは有りませんか?

手足の震えや動きが鈍くなる。   筋肉が硬くなってこわばる。
関節の曲げ伸ばしに抵抗がある。  体の関節が痛い。
不眠不足が続いてつらい。      いつも精神的に不安になる。

yjimage5B6TGDCTこの症状ブログでは、パーキンソン病の原因や対処法、当院の施術内容などをお伝えしています。あなたの暮らしが少しでも快適に過ごせる様にお役に立てれば幸いです。

yjimageQEOJZ7MS

パーキンソン病は、手足の震えで始まる事が多いですが、 初期は気付かない場合があります。

代表的な症状があれば早めに受診することをおすすめします。

パーキンソン病の原因

パーキンソン病は、脳の一部の働きが低下し、体の動きが上手くいかなくなる病気です。

特にこのうちの2つの症状がある場合には注意が必要です。

手足が震えたり、動きが鈍くなる事

年齢を重ねるとともに起こるものですが??

思い当たる症状がある人は、早めに専門医に診てもらう事をお勧めします。

パーキンソン病の場合は、この段階で神経内科を受診すると、筋肉のこわばりが見つかるのが一般的です。

こうした症状に気付かないでいると、やがて姿勢が前かがみになり、すり足で歩くようになります。

パーキンソン病への対処法

日常の生活さえ苦痛に感じてしまうあなたでも、これからお伝えする方法や武道整体療法を実践して頂ければ、症状がこれ以上どんどんと進行する事は防げるでしょう。

難病、治療不可能と言われてきたパーキンソン病を・・・

薬に頼り切らずに症状を改善させていく秘訣をお知らせ致します。

パーキンソン病といってもさまざまで、重度の方軽度の方、

それに加えて症状もたくさんのケースがあります。

「手足のふるえが大分おさまってきたように感じます。」

「手足のふるえが大分おさまってきたように感じます。」

「すり足が大分よくなったよ。」 など・・・

今では沢山の患者さんから嬉しいお声をいただいています。

実は、私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純な事なのです。

一生この体と付き合っていかないとダメなんだって思うと・・・

今から数年前にある患者さんに涙ながらにこういわれたのがそもそもの始まりでした。

このAさんは、今年の4月にパーキンソン病と診断されて、今は薬での治療が主でした。

仕事中に足のこわばりが出ては、不安や緊張が出るよう

Aさんは、なんとか少しでもパーキンソン病の症状がケアできたらと思って、来店してくれたのでした。

 ちょっとでもこの震えがよくなっら

手のふるえと飲み込む力も弱くなり、徐々に食べ物を食べる事すら苦痛になってきました。

毎日、生活するのにやっとの状態・・・

私はただの家族のお荷物に過ぎないのでは・・・

と思うようにさえなってきました。

「薬を飲んできました。でも良くなるどころか逆に悪くなる一方です。」

先生、私はこのまま悪くなる一方なんでしょうか・・・」

私はそれからと言うもの、 「パーキンソン病を緩和させる方法は無いだろうか?そこまで行かないまでも、 進行を遅らせる事はできるんじゃないか?」 と考えるようになりました。

この日から、毎日研究の日々が始まり、 どうすればいいのか必死に試行錯誤してきました。

パーキンソン病は不治の病と言われてきましたが、それでもあきらめずに検証して来ました。

私は、“ある事”に気づいたのです。

ちょっとしたケアを心がけたり、プラスアルファでちょっと生活に取り入れるだけで以外とガラッと症状は変化する物なんです。

事実、今までの常識では不可能とされてきた体を酷使せずに、パーキンソン病の進行を出来る限り食い止めて、自宅でケアする事ができるようにならないかなと考えるようになりました。。

薬に頼る他はどうしようもない 看護する側にできる事は限られている

この病気に侵攻を食い止める方法などはない

これらに当てはまると、あなたは自分で自分の症状改善に ストップをかけてしまっている事になります。

実際に、薬に頼り切りにならずに私の指導によって、手足のふるえがおさまってきた人もいるのが事実です。

yjimage441X6B1H

実際パーキンソン病は強いお薬を飲みますから、飲む量や頻度によっては逆に副作用を伴う恐れがあります。
次に看護する側に出来る事は限られていて、身の回りの世話くらいしか出来ないという方がよくいらっしゃいます。 もしかしたらあなたもそう思っているかもしれませんね。 もし、あなたが介護する側の立場に現在たっているのなら、現状のままでは回復することはないでしょう。

yjimage1BQTC154

これは、数ヶ月、数年たっても状況は変わらないでしょう。 きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、本当にやるべき事をやっていない人があまりにも多いのが現状なのです。 ふるえや体の硬直など、一時的に良くなる事もあるかもしれませんが、日に日に症状がひどくなっていくのが、この病気なんです。

なぜなら、パーキンソン病は難病指定されており、その効果的な治療法や薬もまだ 残念ながら発見されていないのが現状なのです。

パーキンソン病=神経の病

パーキンソン病は神経の病気と言われていますが、うつや認知症などの病気も 併発する恐れがあるものです。

この神経とは脳のドーパミンのことで、これが減る事により起こる病気と言われています。

ですので、要するに、このドーパミンの量を増やしてあげさえすれば、パーキンソン病の回復は可能と言う事になるのです。

yjimageGXDFR567

実は、ドーパミングを増やす事は可能です。

私が研究の末に分かった事は、ドーパミンを効果的に増やしていく事は、出来るんだと言う事です。 このドーパミンを増やす事によって、体もスムーズに動くようになり、はっきりとした口調でお話することもできるようになるのです。

 

パーキンソン病患者の人は、ほぼ共通してこのドーパミンが不足しているので、 この部分を何とかできさえすれば、病気の進行も防ぐ事が出来るのです。

「うーん、でも何だか難しそうでよくわからないや・・・」 とあなたは思うかもしれませんが、心配する必要はありません。

このドーパミンは自分の力でも増やしていく事が可能なのです。

つまり、自宅にいながらパーキンソン病を緩和させる根本治療を 行っていく事ができるのです。

これは、何も大げさな話ではありません。

そもそもお医者さんはお薬を出して、症状を楽にしていく事を基本としてるので、どうしても一時的なものになりがちです。

あなたの症状を根本から改善していこうとする人はいないのではないでしょうか?

これでは、根本的には何もしてないのと同じように思ってしまいます

まず、ドーバミンを増やしていく事が第一です。

パーキンソン病になる人はドーパミンが減少して、ふるえや筋肉のこわばり、

または幻覚や幻聴などが出てくるわけです。

ですので、まずは何はなくともこのドーパミンを増やす事からスタートして いかなければいけません。

「うーん、でもそんな風に言われても具体的にどうすれば良いのやら・・・」

と思うかもしれませんが、安心してくださいね。

ある方法を行えば、薬に頼り切ることもなく、効果的にケアしていく事もできるでしょう。

この方法を行えば、前かがみの症状もだんだんと和らいでいき、ご飯もたくさん食べていく事ができるでしょう。

今まで我慢していた運動や趣味も出来るほどに回復するかもしれません。

頸椎部位弛緩

頸椎部位弛緩

肩周りの弛緩

肩周り弛緩

肩周り弛緩

肩周り弛緩

是非、ご相談して下さい。

千樹館治療院整骨院

〒270-1367 千葉県印西市浦部163-5

(印西市松山下総合体育館ウラ)

フリーダイヤル  0120-080-134

千樹館治療院・整骨院