千樹館館長のブログ

顎関節症(あごの歪みなど)原因と対処法

顎関節症の原因と対処法

この様な症状で、お悩みでは有りませんか?

顎関節症

顔が歪んで写真を撮ると恥ずかしい。
口を開けるとガクと音がする。
美味しく食事が出来ない。
薬を飲んでも効かない。
病院では手術しかないと言われた。

 

顎関節は頭蓋骨と関節をなしているため、骨盤の歪み、猫背の姿勢や顎関節のゆがみが噛む力によって、頭蓋骨に伝達されて、頭蓋骨までゆがませてしまう可能性があります。

自律神経失調症やうつ病の方に顎関節症が多いのはこのためこのページでは、めまいやの原因やメニエール病の原因や対処法、当院の施術内容などをお伝えしています。

あなたの暮らしが少しでも快適に過ごせる様に、私どものホームページがお役に立てれば幸いです。

自分で出来る「顎関節症」テスト

顎関節症の疑いがあるあなた。

まずは、顎関節症の簡単なチェックをしましょう。

1、鏡を見ながら、顎を大きくゆっくり開けてからゆっくり閉じてください

 そのときに顎が左右に揺れている

2、顎を大きく開けたとき、左右で開けにくい方の顎がある。

3、顎を開けたり閉じたりする時にカチッとクリック音がする。

4、鏡の前で、大きく下を出してください。舌はまっすぐ出ていますか?

 舌が少しでもカーブして出ていると、顎関節を支えている筋肉にゆがみが

 ある可能性があります。

5、顔を見て、左右の眼のラインと口角のラインが並行ではない

6、口を開閉するとき顎に痛みを感じる

(痛みがある時点で顎関節症の疑いが高いです。)

 

どうでしたらいいか??

顎関節症は、気付きにくく慢性化しやすいですから、上のテストで一つでも当てはまるのでしたら、早めに体のバランス調整と顎関節の施術が出来る専門家整骨院か整体院にご相談下さい

特に痛みのある場合はお早めに。

顎関節症のままだと??

さて、顎関節症テストをしてみて、「私も顎関節症かな?」と思った方もいるかと思います。

そこで、そのままにしておくとどうなるのかをお伝えします。

顎関節症の症状は体全体に色々と出てきます

例えば、肩こり・首のこり・めまい・耳鳴り・頭痛・吐き気・不眠症・視野狭窄・内臓機能低下・自律神経失調症やうつ病などに発展していくことが多いです。

顎が噛む力は、人体の中で一番強いといわれています。

顎関節は頭蓋骨と関節をなしているため、顎関節のゆがみが噛む力によって、

頭蓋骨に伝達されて、頭蓋骨までゆがませてしまう可能性があるのですね。

自律神経失調症やうつ病の方に顎関節症が多いのはこのためです

image5

顎関節症の対処法

顎関節症は、顎の左右を同じように使っていないことが原因です。

食事の時には必ず左右の歯で同時に噛むようにしてください。

また、顎は首と連動して動いています。その証拠に、顔を上に向けて顎を開けてみてください。

開けやすいですよね。逆に今度は下を向いて顎を開けてみてください。

今度は顎が開けにくいと思います。 このように、顎は首と連動して動いているんですね。

ですから、テレビを見ながら食事をする時など、テレビが右にあると首が右にねじれたまま顎を使うので、あごも首も両方ねじれてしまうのです。

テレビを見ながらの食事はお行儀が悪いし、顎にも首にも悪いし、家族の団欒が出来なくなるので控えましょう

笑 どうしても食事中にテレビを見たい人は、テレビに向かってまっすぐ向いて食べられるように、イスからテレビの方に向けてくださいね

 首の動きと顎の関係

image4

image3

 

上記のとおり、首の筋肉や骨のゆがみと顎関節症は深い関係があります

そして首は自律神経失調症とも関係が深いのです。

顎関節症の原因

顎関節症の原因として、かみ合わせの悪さや、片方の顎だけで噛む「片噛み」などで、顎関節にゆがみの力がかかる場合があります。

他にも首の筋肉の緊張などが原因にもなります

「首の動きと顎関節の関係」お伝えしたように首のゆがみと顎関節症は深い関係があります。

そのため、肩こりや首のこりが原因となる場合もあります。
image7

 

更にストレスや緊張で、顎を噛み締める癖も原因になります。

また、関節円板のずれ・骨盤のゆがみ・背骨のゆがみ等も顎に関係しています。

顎関節症の原因をまとまると・・・

1、体全体の歪みなど(骨盤や背骨のゆがみも含む)

2、姿勢が悪い(猫背や偏った作業スタイルなど)

3、下顎骨(顎の骨)の位置がずれる。

4、噛み合せが悪い。

5、咀嚼筋(噛む筋肉)のバランスの悪さ。

6、関節包や靭帯にバランスの悪さ。

7、関節円盤がずれ。

8、関節が変形。

顎関節症は、上記の8つの面から考える必要があります。

顎関節症の原因は、一つの場合もあるし二つ以上の場合もあります。

悪くなればなるほど、上記の原因がいくつもある場合が多いです。

自分で出来る顎関節症の自己運動

顎関節症はほっといても治らないことが多いです。

そこで自分でできる顎関節症の治療法をお伝えします

注意点として、痛いときやらないように。

まずは開けられるだけ顎を開けます。 そのまま、15秒間保持します。

image9

次に顎を前に出します。 (猪木のものまねみたいに。笑) そのまま10秒間保持します。

image11

 

次は顎を後ろに引っ込めます。 やりにくいですが、そのまま10秒間保持します。

image13

 

次に顎を右にずらします。 これも10秒間保持します。

image15

 

最後に顎を左にずらして、10秒保持します。

image17

 

1~5までを3セット繰り返します。 それを3セットを一日1~3回行いましょう。

いい顎関節症のO正、悪い顎関節症のO正

いい顎関節症の治療は、下記の6つの原因を考えて矯正を行うことです。

1、下顎の位置を考え、

2、噛みあわせを考え、

3、咀嚼筋(そしゃくきん)を考え、

4、関節包や靭帯を考え、

5、関節円板を考え、

6、関節の変形性を考えなければなりません。

7、骨盤や背骨など、姿勢や体のゆがみにより、顎関節症になる場合

顎関節症の治療は、一度にコレだけのことを考えなければならないのです。

だから顎関節症の矯正は、難しいのです。

悪い治療は、これらの一つか二つしか考えないで治療を行うことです。

一時、「下顎骨は前下方にずれる修正があるため、後上方に矯正すればいい」といことが流行りました。

しかしこれは1の下顎骨の位置のことしか考えていないため、もし、あなたの顎関節症が関節円板の位置のずれによるものであったら、後上方に矯正しても治らないということです。

治らないだけならいいのですが、関節円板が下顎骨と側頭骨の間に変な状態で挟まれると、顎関節症がひどくなる場合があります。

疑問に思う場合は、担当の先生に色々と聞いてみることをおすすめします。

顎関節症と自律神経失調症・うつ病の関係性

顎関節症と自律神経失調症やうつ病には深い関係があります

先ほどもお伝えしましたが、顎関節がゆがむと頭蓋骨にゆがみの力が伝達されます。

逆に頭蓋骨がゆがむと、顎にゆがみが出てきてしまいます。

頭蓋骨にゆがみがあると、自律神経失調症やうつ病になりやすいと思われます。

自律神経失調症やうつ病の方は顎の使い方に気を付けてください。

詳しくは上記の「顎関節症の対策」をご覧下さい。

また顎関節症の方は、生活が乱れてくるとそうではない方より、自律神経失調症やうつ病になりやすくなると思ってください。

「虫歯ではない葉の痛み」と顎関節症の関係性

まれに「歯が痛くて、歯医者さんに行ったけど虫歯はないと言われた」という方がいらっしゃいます。

これは顎関節症により、神経が誤操作を起こし虫歯のような痛みを感じてしまっているだけなので虫歯ではありません。

歯が痛い場合は虫歯の可能性が一番多いのでまずは歯医者さんに行って下さい。

しかし歯医者さんで虫歯ではないといわれたら、顎に問題がある場合が多いです。

原因としては、三叉神経の下顎神経と言う神経の枝である「下歯槽神経」という神経が、口腔内にある筋などに締め付けられたり、顎関節症により下歯槽神経に行っている血管が締め付けられることが考えられます。まれに顎関節症でなくてもなる人がいます。

 千樹館治療院・整骨院では・・・

どのような施術ができるのか

DSCF0289_R

顎関節症や耳鳴りには、安定剤ではなく体の歪みを整えて頭蓋骨などのゆがみを調整することが大切な施術方法です

私どもの施術を受けて頂いたクライアント様から沢山のお声をいただいています、その一部をご紹介させていただきます。

顎関節と耳鳴りのお客様喜びのお声

印西市富神台  45才 女性 I、K 事務員

自分自身の姿勢の悪さに初めて気づく事ができました

日々の生活でも肩こりで体に負担をかけて生活をしている事、それによって頭痛を引き起こしている事に気づく事ができました。

肩こり、頭痛等の辛い症状が施術後かなり楽になりました。

ありがとうございました。

顎関節症・肩こり、お客様喜びのお声

印西市小林  40代 男性 H・Y様

普段から強いマッサージで我慢していましたが、納得しておらずもみ返し等もあり、どうすればいいのか悩んでいましたが、こちらに伺って身体の気持ち良い事をする事によって楽になる事がわかり、目からうろこでした。

姿勢を正しくする事を心掛けていこうと思います。

電器治療やシップに頼らずに、体のバランスを整えることの大切をアドバイスをして頂いてので今後は先生の所へ定期的なメンテナンスに来ます。

本当にありがとうございました。

顎関節症の患者様のお声

白井市大山口  57代女性 J・M様

高校の頃に、奥歯の治療してから歯を庇っていたらいつの間にか口の位置が可笑しかったです。

大人になって食事すると痛みが出るようになり心配していました。

そんな時に、ホームページで検索したら、先生のサイトが見つかったのでお電話をさせて頂きました。対応よく説明でしたので予約をしました。

千樹館整骨院の施術をうけながらいただいたアドバイスで安心しました。

時間がかかりましが、改善する説明を貰いしばらく来院したら本当の良くなりました。

よかったです。。また、見ていただきたいと思います。

当院のポリシー

あなたの症状をお伺いして、原因を普段の生活の中から見つけ、その上で身体の歪みを整え、症状の改善を目指します。

症状が改善しても、生活習慣が以前のままでは又痛みがでやすいですから、普段の生活の注意点をお教えしたり、ご自分で出来るストレッチや自己運動の方法をお教えしたりします。

その時だけ気持ち良いマッサージなどでは有りません、身体を根本的に改善し、コリや痛みの無い日常生活を過ごしたいとお考えでしたら、当院の武道整体療法がお勧めです!

どんな小さな事でも、ご相談下さい。

まずは、お電話をお待ちしております。

千樹館治療院・整骨院

印西市浦部163-5(印西市松山下総合体育館ウラ)

フリーダイヤル 0120-080-134

千樹館治療院・整骨院

 

症状別対処法

お問い合わせはお気軽に TEL 0120-080-134 9:00~19:30 土・日・祝・営業中

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 千樹館治療院・整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.